Amazon.co.jpから来たアンケートメールがあまりにも間抜けすぎる

一見、フィッシングメール?と思わせるようなメールがAmazonから届きました。
カスタマーサービスに問い合わせたところ、このAbsolutdata.comへ誘導するアンケートメールはフィッシングではありませんでした。
が、内容があまりにも間抜けすぎると思いましたので、こちらに記録しておきます。

届いたメール

来たメールの本文はこちらです。
個人情報にかかる部分は「XXXXX」として伏せています。

件名:【ご協力のお願い】Kindle Unlimited読み放題のサービス向上について

==========
AMAZON.CO.JP
==========

 _

XXXXX様

簡単なアンケートに答えてKindle Unlimited読み放題に関するご意見をお寄せください<br>
Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。より良いサービスをご提供させていただくため、Kindle Unlimited読み放題についてお客様のご意見をお聞かせください。

お客様からいただいたご意見をもとに、Kindle Unlimited読み放題の改善に取り組んでまいります。

Kindle Unlimited読み放題を利用したことがあるお客様に、下記のリンクから外部のリサーチ会社Absolutdataが運営する調査用ウェブサイトでの短いアンケート調査にご協力をお願いしています。ご回答にかかる時間はおよそ10分程度です。 下記のリンクをクリックすると上記リサーチ会社の調査用サイトに遷移します。ご回答いただいた内容はAmazon.co.jp プライバシー規約に基づいて利用・共有させていただきます。

アンケートを開始するにはこちらから。
http://www9.absolutdata.com/cgi-bin/XXXXX/ciwweb.pl?hid_studyname=XXXXX&username=test

ご協力ありがとうございます。

Kindleチーム

https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page?ie=UTF8&ref=kcp_pcmac_email_pc_jp
====================================

Amazon.co.jp

====================================

Amazon.co.jpのお客様に、セール、お得なキャンペーン、お客様のお買い物傾向に基づいたおすすめ商品、便利なサービスなどの情報をEメールでご案内しております。
このようなEメールを受け取りたくない方は、
こちら
http://www.amazon.co.jp//gp/gss/o/XXXXX
から、設定の変更を行ってください。

商品価格、発売日および在庫状況などは変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。価格、発売日および在庫状況などは、こ のEメールの送信時点のデータです。お客様がAmazon.co.jp をご利用になるタイミングによっては、異なる場合があります。

(c) 2017 Amazon.com. All rights reserved. Amazon、Amazon.co.jpおよび、それらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

Reference: XXXXX

このEメールは次のアドレス宛に送信されました: XXXXX

経緯

このメールが届いたメールアカウントはAmazonでしか使っていません。
万一、メールアドレスやパスワードが漏洩していたら、それが自分側からでもAmazon側からでもまずいな、と思い、Amazonカスタマーサービスに電話で連絡しました。
その結果、正規のAmazonからのメールだという確認が取れました。

なお、フィッシングではありませんでしたが、アンケートURLにアクセスしたところ下記のエラーが起きてしまいましたので、アンケートには答えられていません。

無効なログイン。アクセス拒否

何を不審に思ったか

筆者が不審に思ったポイントを添削してみました。
こんな妙なメールは送ってこないでほしいですね。

そもそもKindle Unlimitedを契約していない

過去にお試しキャンペーンでKindle Unlimitedを契約しましたが、その際に読みたい本が少なかったため、解約しました。
契約していないサービスへのアンケートということで不審に思いました。

謎の改行タグ露出

テキストメールなのに、なぜかBRタグが露出しており、天下のAmazonさんがこんな妙なミスをするかしら、と不安に思いました。

アンケートURLが外部サーバ

アンケートのリンク先URLが、Amazon.co.jpではない、海外のアンケートサービスになっています。
しかもHTMLとか介さずに、いきなりスクリプトへのアクセスかあ、plかあ(懐かしい)、と。
スクリプト側でHTMLを吐くにしてもです。
しかも、個人情報を取り扱うにもかかわらず、httpsではなく、http接続への誘導です。

URLに「username=test」が含まれている

「test」って誰ですかね。なんのテストなんでしょうか。
天下のAmazonさんがそんな迂闊なことするでしょうか。

なんとなく妙なURL

別にスラッシュが2つ繋がっているからどう、ということでもないのですが、自然な書き方ではないので、天下のAmaz(ryと思って警戒しました。
しかもこちらもhttp接続です。

しかも、配信停止できない

「このようなEメールを受け取りたくない方は、こちら」のリンクをクリックすると、下記のページに飛びます。

ん?
「すでに配信必須Eメールのみを受信する設定に変更されています。受信設定の変更はこちら」ということです。
そしてリンク先を確認すると、確かに「すべての情報配信Eメールを受信しない」という設定になっています。

念のため「すべて配信停止」ボタンを押してみましたが、この画面に再度アクセスすると、同じ文言が表示されます。

つまり、このアンケートメールは「配信必須Eメール」に含まれているということでしょうか、配信停止できません!
配信停止できないのに「このようなEメールを受け取りたくない方は〜」なんて書かないでほしいですね。
「受け取りたくないのはリンク押してもらってわかったよ、まあ、受け取ってもらうけどね!」というAmazonの姿勢にはシビレます…。
総合的に、これじゃあまるで、偽フィッシングメールですよ。

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

スクラビングバブル流せるトイレブラシの付替用ブラシ12個がちょうど入るクッキー缶を発見しました。
続きを読む

家庭用生ごみ減量乾燥機島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】の購入レビューです。
豊島区の助成金も受けることができました。
続きを読む

もらうと嬉しい、でも使うのは難しい、それが一万円札。
続きを読む

思いっきりT/Oですが。
続きを読む