暗闇ボクシングフィットネスのb-monsterとBurnesStyleのトライアル体験比較レビュー

流行りの暗闇フィットネスの中でも「ボクシング」かぶりしているb-monsterとBurnesStyle、両方のトライアルレッスンを体験してきました。
私は結果的にBurnesStyleの方に通うことにしました。

b-monsterとは

暗闇&音楽の中で行う、1コマ45分のボクシング・フィットネス。サンドバッグを使用しますが、キックは禁止です。
東京だと銀座・青山・恵比寿・新宿にスタジオがあり、営業時間も長いので(銀座と青山は夜23:00~翌6:15までも自主トレに解放!)、通いやすそうです。
別途、ストリーミング(収録済録画コンテンツ)でレッスンを受けられるプランもあるようです。

BurnesStyleとは

暗闇&音楽の中で行う、原則として1コマ30分の有酸素運動&筋トレ&マインドフルネス(瞑想)を組み合わせたフィットネス。
キックボクシングを取り入れたプログラムだけでなく、ドラムスティックを使ったワークアウトがあります。
秋葉原に1店舗のみで、会員は女性限定のようです。
どうでもいいけど、サイトに掲載されているロゴだと「Burness Style」なのに、お店の名称はBurnesStyle(Sが一つ少ない)なんですね。気になる。

プログラム内容の違い

両方ともエントリー向けのプログラムを受けましたが、まず、b-monsterの方が超ハードでした。
b-monsterを100とするならBurnesStyleは50ぐらいの強度だと感じました。

消費カロリーが違う

Apple Watchで心拍数や消費カロリーをそれぞれ測定した結果がこちらです。

b-monster

BurnesStyle

b-monsterはプログラムの開始前から測定していたので若干長めの時間となっていますが、両方とも45分のプログラムです。
BurnesStyleは基本的に30分のプログラムですが、入門向けの「R0」がつくプログラムは45分になっているそうです。

アクティブ消費カロリーはb-monsterが188kcalも高かったです!
だいたいおにぎり1個分ぐらいのカロリーですね。

心拍数を見ると、b-monsterは開始直後にガッと私の限界値近くまで上がり、その後はほとんど下がらずキツイ状態をキープしています。
体感的にも全く同じで、開始直後から後悔するぐらいのしんどさで、完全に無酸素運動のキツさです。
スタジオが暑く、サンドバッグをパンチする以外にも柔らかい床の上でジャンプする運動も多く、果てしなく疲れました。

BurnesStyleは運動強度も低く感じましたし、途中で瞑想タイムが入るので、その度に心拍数が下がります。
心拍数の通り、だんだんじわじわと最後に向けてきつくなっていきましたが、全体的には有酸素運動と言える範囲だと思います。
また、室内にある床サンドバッグと吊りサンドバッグを交互に使うため移動が発生するので、そこでも運動が途切れる感じがします。

同じ回数をこなせるなら、b-monsterの方が早く痩せると思います。

効果が違う

b-monsterは終わった瞬間に足がガクガク、帰り道で筋肉痛を実感し、帰宅したら眠くて仕方ない状態になり、翌日と翌々日も筋肉痛に苦しみました。
とにかくやり遂げた感があるというか、こんだけやったんだから絶対に身体に効果があるだろう!と思える運動でした。

BurnesStyleは終わった後に心地よい程度の「すっきり感」がありました。
運動した後のはずなのですが、まるで仮眠をとった後のようなすっきり感で、その後、仕事をするにも困らない程度です。
室温もBurnesStyleの方が低く感じ、運動しやすかったです。

正しいフォームでできていないのでなんとも言えないですが、b-monsterは前太もも、BurnesStyleは後ろ太ももに疲労感が残りました。

演出設備が違う

b-monsterの方がデカイスピーカーを使ってそうな音でノリやすい音だと思いました。ステージの演出も派手ですね。
BurnesStyleは天井スピーカーの音で、普通のフィットネスクラブのスタジオよりは音量大きいかも?というぐらいです。
隣の人との距離もBurnesStyleの方が近い感じで、ちょっと気になりますね(気にならないぐらい集中しろって話ですが)。
特別感を味わいたいなら、b-monsterの方が豪華で秀でていると思います。
b-monsterに通ってる方がBurnesStyleに来たら、色々物足りなく感じると思います。

雰囲気が違う

b-monsterはウェイ感というかパリピ感がすごいです。
パフォーマー(インストラクター)の方もテンションMAXで何を言っているのか指示を聞き取りにくかったです。
でも、遊園地のアトラクションのような非現実感があって、そこが気持ち良いと思いました。
銀座店に行ったからだと思いますが、客層も銀座を歩いているお姉さんや素敵紳士がそのまま入店してきた感じです。

BurnesStyleはもう少し落ち着いた雰囲気です。
予約システムやプログラムの表現を見ても、従来型フィットネスクラブの延長にあるように感じました。
インストラクターの方のテンションも普通で、アットホームな対応で安心する感じです(笑)

スタッフ対応

スタッフ対応は、圧倒的にBurnesStyleの方が良かったです。
b-monsterはタオルやレンタル品の扱いについてあまり説明がなく、周りの人を見たり自分から聞いたりする必要があり、ちょっと肩身の狭い思いをしましたが、BurnesStyleは最初から最後まで丁寧に説明してくれました。

通いやすさ

b-monsterの方が多店舗展開で営業時間も長いのですが、そもそも人気がありすぎて、会員を募集していない店舗があります。プログラムも満員です。

BurnesStyleは1店舗しかありませんが、できたばかりということもあってか、比較的空いており、直前でも予約が取れそうです。また、駅からめちゃめちゃ近いです。また、7時からの早朝プログラムもこれから開始される予定だとメールマガジンには記載がありました。

アメニティ

b-monsterはシャワーにボタニカルシャンプー&トリートメント、ボディソープが備え付けてありました。また、ドライヤーの他にヘアブラシや化粧水等の用意があり、充実していました。

BurnesStyleはシャワールームに何もなく、ドライヤーと化粧水がありました(ブラシはなし)。
好みのものを持参するならあまり関係ないかと思いますが、荷物を減らしたい人にはマイナスですね。
汗をかくので、洗わないのはちょっと避けたいですし…。
ドライヤーの風量はBurnesStyleの方が強くて良かったです(笑)
※2018年4月14日追記:シャワールームにボディソープが置かれるようになりました。

どちらも来店ごとにタオルを1セット無料で借りられますが、b-monsterがサイズ違いで全て同じ茶色のタオルだったのに対して、BurnesStyleの方は体を拭くタオルがグレー&プログラム中に床を拭くタオルがブラックに分かれているのが良いと思いました。
暗いと、どれが床用で体用か見分けがつかなくなりますが、色が違えば間違えることもなくなります。

費用について

入会金に関しては、どちらも「トライアル当日入会で無料」キャンペーンをやっているようなのであまり変わりません。

月の費用はどちらも日割りが効き、30回通えるプランがb-monsterは15,000円、BurnesStyleは16,800円と、BurnesStyleの方が高いです。
また、b-monsterがバンデージ初回無料&グローブ無料レンタルなのに対し、BurnesStyleは実質的に専用グローブ&シューズの購入必須で、購入に10,500円かかります。

ただし両者ともキャンペーンを組んでいる間は、それぞれもう少し安くなるかもしれません。
今月、BurnesStyleで当日入会特典として、入会金・登録料・専用グローブ&シューズ無料、さらに月会費を6ヶ月間9,800円に!という期間限定キャンペーンを組んでいたため、結果的にはBurnesStyleの方が安くなりました

また、細かいことですが、b-monsterは入会時に「当月料金(日割り)+来月料金」が請求されるのに対し、BurnesStyleは「当月料金(日割り)」のみのようです。自動的に同じ月内に次回請求があるかもしれないので、なんとも言えないですが(笑)

まとめ

キツい運動&非日常空間でストレス発散したい方はb-monster。
日常に支障のない範囲で(笑)すっきりとストレスや運動不足を解消したい方はBurnesStyle。
…個人的にはこんな風に感じました。

自宅から若干秋葉原の方が近いというのと、毎日のように通うのを前提とした予約の取りやすさ&運動強度、スタッフ対応など総合的に見て、BurnesStyleの方が私には合っているかな、と思い、BurnesStyleに入会しました。
とりあえず半年は9,800円で通えるということで…16,800円+税を毎月、プラス交通費だと、毎月2万円以上の出費になるので、かなり厳しいなあと思っています。
自転車買おうかな…でもBurnesStyleには専用駐輪場がないんですよね。うーん。

BurnesStyleプログラムの実測消費カロリーをまとめました

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

burnesstyle

暗闇フィットネスのBurnesStyleに通い、気づけば4ヶ月目になりました。すっかりハマって丸3ヶ月通った感想や結果を記録します。

続きを読む

BurnesStyle(バーネススタイル)にて数種類のプログラムを受けてみましたので、AppleWatchで計測した消費カロリー(基礎代謝を含まない、アクティブカロリー)をまとめます。
計測している期間の体重変化はほぼありませんが、体調でだいぶ変わったりもするので、参考程度にどうぞ。
続きを読む

Apple Watchを発売日から使い続けている人の、Apple Watchの使い方を紹介します。
続きを読む

バウヒュッテのエクササイズデスクに一目惚れしてポチった愉快な人の到着レビューです。
続きを読む