一日一食生活を3年続けたので一度まとめてみる

「三食食べなきゃダメ」にとらわれてつらい方に。
一日一食生活を3年続けたなりゆきと結果などを記録します。

いつから1日1食?

1日1食にし始めたのは2013年の秋頃だと思います。
それ以前も「午前中は排泄の時間」として朝食は食べなくなり、昼食は「食べると眠くなるから」という理由で抜くこともあり、ゆるゆるとなりゆき的にそうなってはいました。
仕事を接客業に変えてから、業務の合間に休憩時間や昼食を取るのを面倒に感じたため、日常的に昼食を摂らなくなり、1日1食になりました。

食べるのは夜1食で、特に制限はありません。
また、お付き合いで食事を共にする場合や、差し入れを頂いた時、旅行時などには、特にこだわらず周囲のタイミングに合わせて食べています。
このため、週に1〜2回は、1日1食ではない日があります。

痩せる?

運動量によります。
…多分期待されている答えではないと思いますが。

1日1食になる前は、減量をかなり意識して節制して運動もしていましたが、オフィスワークでだいたい48kg〜50kgでした。

夜1食生活を始め、接客業をやっていた頃は、好きなものを好きなように食べて体重46kg〜48kgぐらいを推移していました。
満足いくまで食べて(毎日ではないものの)デザートまで食べて、よく太らないなあと我ながら感心していた時期もあります。
一番忙しかった時期は自然と44kgぐらいまで落ちました。忙しくなくなってからは上記の範囲にまた戻りましたが。

ですので、痩せたと言えば痩せました。

ただ、それからフリーランスになり、引きこもり同然の生活になってからは最大で53kgぐらいまで一気に増えました。
実は、増えた要因は、仕事のせいだけではなく、家にいるとつい憂さ晴らしに牛乳入りのコーヒーやエナジー飲料、そしてチーズ等を摘んでしまうので、間食が入り、1日1食ではなくなってしまったからだと思います。
チーズも大量に食べていたわけではありませんが、積もり積もった結果ですね。

それらの間食をやめて、運動をして脂肪を減らしてからは50kgぐらいで安定しています。
日常的な運動を増やすか、食事内容に気をつければ、体重は減っていくと思います。

お腹空かないの?

カロリーのあるもの(血糖値の上がるもの)を朝から一切口にしなければ、あまりお腹は空きません。
朝ごはんを食べるからその後に血糖値が上下し、昼の時間帯にお腹が空くのだと思っています。
しばらくの間は今までのタイミングでお腹が空くかもしれませんが、数日すれば身体が慣れます。

また、水やお茶は飲んだからといって空腹が増すようなことはありませんが、なぜか0キロカロリーの清涼飲料水だけは、飲むとお腹が空きます。

日によっては15時〜18時頃に「お腹すいたなあ」とかなり感じますが、ちょっと運動したりすると空腹が引っ込みます。
もしフラフラしたり動悸がするなら、その時に何かしら少し口に入れれば良いと思います。
「事前に食べておく必要はない、お腹が空いたら食べればいい」と思うと、精神的に楽です。
身体には充分な貯蓄(グリコーゲンや脂肪)があるので、成長期の子供や肉体労働者でもなければ数時間おきに食べ続ける必要はないと感じます。

食べ物妄想に頭が支配されてしまった時の間食としては、味付き海苔が未来っぽくて好きなので、せんべいのように数枚食べたりしています。
もしあれば、冷蔵庫の中で余ってる食材を軽食として少量食べます。
あまり血糖値を上げすぎるものは避けた方が良いと思います。
でも、夜になれば好きなものを食べられるので、「食べたいものがあるなら、夜にゆっくり食べればいいじゃない」とも思います。

1日1食で感じたメリット

  • ・食費が減った
  • ・料理や洗い物に使う時間が減った
  • ・昼は何に食べよう?と悩む時間がなくなった
  • ・日中に眠くなりにくくなった
  • ・カロリーを気しすぎず、好きなものを食べられるようになった
  • ・栄養バランスを取りやすくなった(同じ総カロリーを3食に分けた場合、とても栄養バランスがとりづらい)
  • ・集中できるメンタルの日が増えた
  • ・肌の調子が安定し、蕁麻疹が出にくくなった

1日1食で感じたデメリット

  • ・周囲に理解されづらい・心配される
  • ・昼ごはんを食べた日はすごく眠くなる
  • ・お酒に酔いやすくなった
  • ・免疫系統が完全正常化されるかと期待していたら、そうでもなかった(少しは効いていると思う)
  • ・過敏気味になる

まとめ

食費の削減と自由時間の増加、このメリットが得られるだけでも「これからも一日一食生活を続けていきたい」と思えます。
それに、3食完全自炊ならまだしも、適当な外食やコンビニご飯で朝昼の2食をかきこむくらいであれば、それらを食べないで夜にきちんと自炊して食べた方が身体に良いとも思います。

人によっては、人間関係の面で続けるのが難しいと思いますので、面と向かって誰かに勧めることはありません。
1日1食の実行者として筆者が聞いたことがあるのは(やり方は人それぞれにしろ)、石原結實氏、南雲吉則氏、三枝成彰氏など男性だけ。しかも医師や芸術家といった、比較的一人で行動範囲を決められる職業です。

1日1食健康法なるものを知るきっかけになった石原結實氏の書籍「食べない」健康法 (PHP文庫)。Kindle Unlimitedでも読めるようです。

サラリーマンやOLとしての「昼の付き合い」が職場において重要なコミュニケーションになっている場合は、一緒に昼ごはんを食べないのは難しいでしょう。

そして、付き合いでの昼の一食は自分の好物を食べられるとは限らないし、ランチタイムに数名が余裕で座れるような店は美味しいとも限らないし、自宅で食べるのとは違って時間に追われているしで、それ一食だとストレスが溜まっていきそうです。

筆者の場合はそもそも「昼ぐらい気を使わず一人でゆっくりしたい・暇があるなら仮眠で脳を休めたい」と常日頃から感じていましたし、そんなワガママが許される職場環境だったこと、そしてそういう環境を作り出せたことが幸運でした。

身体に合う合わないは人それぞれのライフスタイルに合うかどうかなのだと思います。

「1日1食」は決して犯罪ではないのですが、どうしても「1日3食食べないのは不健康だ」という最大派閥に虐げられがちです。
本人が楽だからそうしているのに、身体に悪いからという理由でやめさせようとします。

「3食の献立を考えるのが面倒だ」「昼ごはんを食べると眠い」「3食食べると太る」「お金がない」そんな悩みを持つ方が、1日3食絶対説の呪縛から解き放たれ、もっと食に対して気楽に構えられるようになれば良いな、と思っています。

Comment

  1. 甲斐光広 より:

    六十才になるわたしです1日一食やろうと思っています。
    何か自分が強くなれそうです。

  2. サクラパパ より:

    試してみたいですね

  3. 通りすがり より:

    私は61になりましたが2年以上1日1食を続けていますが痩せすぎず太らず体調も快調ですね〜続けていきます!

  4. アラホーのオサーン より:

    30歳の頃メンタル壊して鬱退職しました。
    が、休職中から一日一食にしてたせいか
    退職の翌年に起きた3.11でいろいろと動いてみたら
    元気に戻ってしまい、以来鬱の気など微塵もありません。

    確かに睡眠時間短くてもよくなりましたし
    頭の回転がよくなって資格も取れるようになったし
    花粉症も治ったし、なぜか腹筋が割れるようになった。
    27歳の頃に壊した肩も復活し、セカンドからショートに戻ってます。
    白髪の増えるペースも心持ちゆっくりになった気がします。

    あと、オールしても平気な体になりました。
    20代の頃は明け方5時にはダウンしてましたが
    今は翌日の昼過ぎくらいまで起きてても全然平気。

    酒が極端に弱くなったのは残念ですが。

  5. 60代おやじ より:

    一日一食のメリット・デメリット、ほとんど同感です。

    私の場合、直接にはダイエット目的で始めたのですが、「週2回一食(夜のみ)、残りは一日二食(昼夜)」ペースで、3年で15kg減りました。

    その後、週3~4回程度は一日一食をしていますが、同じ体重を1年以上維持しています。

    もともと「朝食ヌキ」生活でしたので、仕事がらみの昼を抜けるかどうかで一日一食できるかどうかが決まります。

    親しい同僚や友人には「昼は食べないようにしてるんだ」程度の説明をしますが、ほとんど理解されず、平気で誘ってきます。

    理解してもらうのは難しいので、昼に誘われたら付き合うようにしています。ご飯は必ず半分くらい残します。

    また、5kg減ると服のサイズがどうしても合わなくなるので、Yシャツやスーツの買い替えでずいぶん無駄をしました。

    それでも、体重が低めに安定し、多少若いめの服装ができるようになって幸福感を感じてます。

  6. 匿名処理班 より:

    一日一食を続けて三年目です。
    体重も減り、代謝も回復し、あらゆるものが良くなりました。
    仲間を見つけて嬉しかったのでコメントを。

    私の場合、最初の一年は糖質も徹底的に削減してしまった為、その影響で擬似的な甲状腺異常が起きて脱毛などのトラブルがありました。が、ほどほど糖質をとるようにして回復しました。

    一日一食生活はよいことしかなく私も続けていくつもりです。

    私も会社勤めを一応しているので、昼だけ摂るスタイルです。

    また、一日一食だけでなく食事内容も基本パレオダイエットを実践しているのと(七割厳密に残り三割は付き合いなどで普通のものをというバランスです)、平日は更に糖質をあまりとらない内容のランチを持参しているので眠気は来ません。

    血糖値の変動で眠気が来るのはそのとおりだと思います。

    付き合いや打ち合わせ的なもので食べる辺りもLIMAさんとほぼ同じですし、メリットデメリットへの見解もほぼ同じです。

    Marilyn Manson も愛しています。
    でも私は NIN 寄りです。

  7. とくめい より:

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

  8. とくめいきぼう より:

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

  9. とくめい より:

    女子栄養大学の4群点数法では1・2・3群を必ず食べなかればならない必須栄養素と定義しています。1・2・3群の合計(9点×80キロカロリー)720キロカロリーが電車に例えると基本料金のようなもの。その人に必要なエネルギーから1・2・3群の合計720キロカロリーを引き算したカロリーが4群のカロリーとなります。甲田光雄先生のように1日の必要エネルギーが850キロカロリーなら4群は(850キロカロリー)-(720キロカロリー)=130キロカロリーとなりますから、1日に4群は130キロカロリーだけで足りますので6枚切の食パン1枚(約2単位の160キロカロリー)だけで十分となります。お酒を飲む人ならごはんや麺類やパスタは食べる必要がなくお酒(130キロカロリー)だけで4群は十分となりますね。ごはんを食べましょうといっても1日にごはんの出番は不要ですね。変な話ですがごはんはいりません。この人に必要な4群はたった130キロカロリーだからお酒130キロカロリーで十分となります。ごはんを食べましょうといってごはんが食卓から消える。これが真実のようです。現代栄養学破れたり。南雲医師の1日の摂取エネルギーは550キロカロリー。甲田光男医師は850キロカロリー、ジャスムヒーンさんは不食、パキスタン、インドなどにも不食者は存在しますよ。現代栄養学はドイツのフロイトさんが食品業界からお金もらって食品業界が儲かる仕組みをつくった。つまり現代栄養学の理論はウソなのです。筋肉を多くもつ人は摂取エネルギーが多くなる。運動量が多い人も同様。つまり人間の必要エネルギーは個人個人に異なるのです。ギャル曽根さんは大食いでもやせている。世の中不思議なことが多いですね。

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

burnesstyle

暗闇フィットネスのBurnesStyleに通い、気づけば4ヶ月目になりました。すっかりハマって丸3ヶ月通った感想や結果を記録します。

続きを読む

流行りの暗闇フィットネスの中でも「ボクシング」かぶりしているb-monsterとBurnesStyle、両方のトライアルレッスンを体験してきました。
私は結果的にBurnesStyleの方に通うことにしました。

続きを読む

バウヒュッテのエクササイズデスクに一目惚れしてポチった愉快な人の到着レビューです。
続きを読む

スクラビングバブル流せるトイレブラシの付替用ブラシ12個がちょうど入るクッキー缶を発見しました。
続きを読む