iPhone SEでApple Watch 2にSuicaを登録する方法

iPhone SEでApple Watch 2にSuicaを登録できました!流れをご紹介いたします。

Suicaアプリをダウンロード

まず、App StoreからSuicaアプリをダウンロードします。

※ 似たような「Suicaチャージ」というアプリがありますが、Apple PayのSuicaアプリとは別物です。

カードを登録

Suicaカードを取り込むか、新規発行するかを選べます。

Suicaカードを取り込むか、新規発行するかを選べます。

ちなみに、以下のカードは取り込めないようです。

img_7731

  • ・Suica機能付クレジットカード
  • ・通勤定期券の一部(高校生以下のもの)
  • ・割引定期券(障害者、特定者、普通職業訓練)
  • ・JR東日本以外が発行したICカード
  • ・Suica付学生証・社員証
  • ・ゆうちょICキャッシュカードSuica

筆者は残念ながら「Suica機能付クレジットカード」しか所有していませんでしたので、iPhone内で新規発行することにしました。

Suicaに会員登録

img_77312

My Suica(記名式)をタップします。
そうすると、規約への同意画面、そして個人情報の登録画面が現れます。
少なくとも記名式Suicaでは会員登録時にクレジットカードが必要なようです。
試しに三菱東京UFJ-VISAデビットで登録してみたら通りましたので、イシュア問わず、どんなカードでも登録できるのではないでしょうか。
ただし、オートチャージを利用したい場合はViewカードの登録が必要です。

img_7733

「秘密の質問」に「好きな電車」があるのがJRらしいですね。

Suicaにチャージ

img_7734

会員登録の際は必ずチャージが必要なようです。タップして金額を入力します。

img_7739

会員登録時に入力したクレジットカードか、Apple Payで支払うかを選べます。
Apple Payをタップすると、指紋認証が走り、決済完了します(残念ながらスクリーンショットを撮ろうとすると決済画面が閉じてしまうため、撮れませんでした)

img_7740

SuicaをApple Payに登録する画面が現れます。

Apple Watchに登録

上記の画面からそのまま次に進むと、

img_7742

SuicaをApple WatchのExpress Transit Cardに追加しましたよ、という画面が現れます。
これで登録自体は完了です!

Apple Watchのサイドボタンを2回素早く押し込むと…

Apple WatchにSuicaが現れました

Apple WatchにSuicaが現れました!
なお、Suicaで支払う場合は、特にApple Watch側でSuicaの画面を出さなくても(画面が消灯している状態でも)決済できるようです。

Suicaアプリでの残額確認・チャージ

Suicaアプリでの残額確認・チャージ

iPhone SEのSuicaアプリを開くと、Suicaの残額確認やチャージができます。

オートチャージ設定

Suicaのオートチャージは、ビューカードでのみ可能です。
筆者は三菱東京UFJのView VISA Suicaで登録してみました。

Suicaアプリを開き、「チケット購入・Suica管理」をタップします。

チケット購入・Suica管理

Suicaオートチャージ設定

「オートチャージ設定」をタップします。

img_7756

注意書きが現れます。
カード型のSuicaのオートチャージ同様、改札のみでオートチャージが有効になるようです。
そのまま先に進むと、設定が完了します。

※2016/10/25 10:00現在、何らかのJR東日本のシステムトラブルにより、この設定が行えないようです。時間をおいて試すしかないようです。
※2016/10/27 追記:やはりJR側のシステムトラブルだったようで、現在は無事にオートチャージ設定が行えるようになってます。

Apple Watchアプリでの設定

img_7722

Apple Watch アプリを開き、Wallet&Apple Payをタップすると、Suica関連の設定画面に行けます。

img_7745

iPhoneから、Apple WatchにSuicaが登録されていることを確認できます。

そのまま下にスクロールすると、

img_7746

Express Transit CardにSuicaが登録されていることなどが確認できます。

Apple Watch Suicaの使い方

改札では、Apple Watchがスリープしたままの状態でリーダーにかざすと通過できます。
Apple Watchが服の袖の下に隠れていたり、リーダーに対して垂直に傾いた状態でかざしても問題なく通過できました。

レジで使用する際は、Suicaカードで支払う際と同様に「Suica支払いで」と伝えます。
Apple Watchのサイドボタンを2回クリックし、Suicaカードを画面に表示させた状態でリーダーにかざせば、決済が完了します。
(公式にはそうなのですが、私がレジで試した際はSuicaに限ってはスリープしたままでも決済できた気がします…?後でもう一度試してみます)

Comment

  1. […] こちらのブログでとてもわかりやすく開設されています。 iPhone SEでApple Watch 2にSuicaを登録する方法 […]

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

ロジクール ワイヤレスiPhone充電スタンド POWERED FOR iPHONE (Logicool Powered Wireless Charging Stand / iD20WH)をiPhone Xで使用したレビューです。
しっかりとした造りに大変満足しています。
続きを読む

burnesstyle

暗闇フィットネスのBurnesStyleに通い、気づけば4ヶ月目になりました。すっかりハマって丸3ヶ月通った感想や結果を記録します。

続きを読む

BurnesStyle(バーネススタイル)にて数種類のプログラムを受けてみましたので、AppleWatchで計測した消費カロリー(基礎代謝を含まない、アクティブカロリー)をまとめます。
計測している期間の体重変化はほぼありませんが、体調でだいぶ変わったりもするので、参考程度にどうぞ。
続きを読む

流行りの暗闇フィットネスの中でも「ボクシング」かぶりしているb-monsterとBurnesStyle、両方のトライアルレッスンを体験してきました。
私は結果的にBurnesStyleの方に通うことにしました。

続きを読む