Value Domainで取得したドメインに、さくらのレンタルサーバの無料SSL(Let’s Encrypt)を適用する

Value Domainで取得した新規取得したドメインに、さくらのレンタルサーバの無料SSL(Let’s Encrypt)を適用させようとしたところプチはまりしたので記録を残します。

Value Domainでドメイン取得

GMO傘下になる前からValue Domainを利用しており、価格もそこそこお手頃で特にトラブルもないので、ドメインを新規取得する際はだいたいValue Domainを選んでいます。
まずは、ごく普通にステップに従ってドメインを取得します。

ネームサーバをさくらに設定

Value Domainのコントロールパネルから「ドメイン」→「ドメインの設定操作」と進み、新規取得したドメインの「ネームサーバ」をクリックします。

ネームサーバ1:ns1.value-domain.com
ネームサーバ2:ns2.value-domain.com

に設定し、保存します。

さくらでドメインを設定

さくらの公式ヘルプにも手順は載っていますが、一応。
新規追加するドメイン用のディレクトリを予め作成しておき、中に適当なindex.htmlを入れておくと良いと思います(あとで動作確認しやすくなります)。
そして、さくらのサーバコントロールパネルから、「ドメイン/SSL設定」→「新しいドメインの追加」に進みます。

今回はドメイン移管せずValue Domainのまま使いますので、「他社で取得したドメインを移管せずに使う」→「>> ドメインの追加へ進む」を選びます。
追加したいドメイン名を入力し、送信します。

詳細設定に進み、
・マルチドメインとして使用する
・マルチドメインの対象のフォルダを指定(このドメイン用に追加したディレクトリのパスを入力)
ほかはお好みで設定します。

ここで罠あり

ここまで設定したら、一度設定をやめ、24時間程度は放置しておきましょう。
このまま、間を置かずに先に進むと、うまく無料SSLを登録できません。
※新規取得ではない、既存のドメインの場合は先に進んでも大丈夫だと思います(多分…)

進んでしまうと、

お客様のドメインのサーバ設定が利用中のサーバとは異なるIPアドレスに設定されています。
無料SSL機能はドメインが利用中のサーバに設定されていないとご利用いただけません。

といったようなエラーが出ます(私はここでハマりました)。

私の場合、その直後に該当ドメインのSSLの設定を削除するだけでは同じエラーが出続けてしまい、ダメでした。
万一設定してしまった場合は、一度さくらの設定から追加したいドメインを削除して、もう一度設定をやりなおす方が良いと思います。

さくらで無料SSL(Let’s Encrypt)を設定する

さて、さくらの「ドメイン/SSL設定」のドメイン一覧で、無料SSLを利用したいドメインのSSL証明書列の「登録」をクリックします。
「無料SSLの設定へ進む」をクリックします。
SNI SSLをクリックし(多くの場合こちらで良いはずです)、無料SSLを設定するというボタンを押します。

これだけです!
数時間待つと、さくらインターネットより「SSL設定完了」のメールが届きます。

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

DEVONthinkのデータベース同期用に、さくらのVPSにWebDAV入れてみたら5分でおわった。
続きを読む

無料SSL発行サービス「Let’s encrypt」を利用し、さくらのVPS上のサーバをSSL(https)対応しました。
色々引っかかりながらも、複数の独自ドメイン用証明書を取得し、運用することができています。
また同じようなことをする日が来るかもしれませんので、作業記録を残しておきます。

まずは公式の使い方を見ます。
それだけでスムースに完了した方はこの記事を見る必要はありません…。
続きを読む

外部(本番)サーバにはphpMyAdminをインストールしたくない!でも、本番環境データベースへの外部からの接続は許可したくない…そんな時に便利なデータベースへの接続方法です!
続きを読む

さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルからCRON(CRONTAB)を最大5つまで設定できる。
このCRONを使用することで、指定した時間に自動的にウェブページを書き換えることができる。
実は、SSHでログインすれば、6つ以上のCRONを設定することも可能だ。
ここまで書けば情報としては十分な気もするけれど、一応、手順も書いておく。
続きを読む