さくらのVPSにWebDAVを入れてみた

DEVONthinkのデータベース同期用に、さくらのVPSにWebDAV入れてみたら5分でおわった。

事前に常時SSL化を終えていたので、

vhost.confにほんの数行足して、

# 省略
<VirtualHost *:443>
DocumentRoot /var/www/hoge
SSLEngine on
SSLCertificateFile      /etc/letsencrypt/live/hoge/cert.pem
SSLCertificateKeyFile   /etc/letsencrypt/live/hoge/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/hoge/chain.pem
ErrorLog  logs/hoge-error_log
CustomLog logs/hoge-access_log common
<Directory "/var/www/hoge">
AllowOverride All
</Directory>
Alias /oredav "/var/www/webdav"
<Location /webdav>
    DAV On
    SSLRequireSSL
    Options Indexes
    AuthType Basic
    AuthName "Authorization Required"
    AuthUserFile /var/www/webdav/.htpasswd
    Require valid-user
</Location>
</VirtualHost>
# 省略

ディレクトリにapacheの権限をあげて、
(もちろん中にBasic認証用の.htpasswdを入れて)

$ chown -R apache:apache /var/www/webdav/

Apacheを再起動するだけだった。

Finderからのサーバ接続でDropbox的に利用するには遅すぎるけど、DEVONthinkのデータベース(インデックスファイル)を置く程度なら十分。
こういう使い方をするなら、SSDじゃなくてHDDのプランを契約しておいた方がよかったかな。
そっちの方が同じ値段でより容量が多いので。

この記事にコメントする

メールアドレスは公開されません。コメントは管理者による承認後に公開されます。

関連記事

iPad Pro 9.7インチを買取に出して、iPad Pro 10.5インチを予約しました。
iPad Pro 9.7インチもとても気に入ってはいたのですが、だからこそ10.5インチを欲しいと思いました。
※画像は、だましだまし使い続けているiPad2とiPad Pro 9.7インチを並べたものです。
続きを読む

無料SSL発行サービス「Let’s encrypt」を利用し、さくらのVPS上のサーバをSSL(https)対応しました。
色々引っかかりながらも、複数の独自ドメイン用証明書を取得し、運用することができています。
また同じようなことをする日が来るかもしれませんので、作業記録を残しておきます。

まずは公式の使い方を見ます。
それだけでスムースに完了した方はこの記事を見る必要はありません…。
続きを読む

外部(本番)サーバにはphpMyAdminをインストールしたくない!でも、本番環境データベースへの外部からの接続は許可したくない…そんな時に便利なデータベースへの接続方法です!
続きを読む

さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルからCRON(CRONTAB)を最大5つまで設定できる。
このCRONを使用することで、指定した時間に自動的にウェブページを書き換えることができる。
実は、SSHでログインすれば、6つ以上のCRONを設定することも可能だ。
ここまで書けば情報としては十分な気もするけれど、一応、手順も書いておく。
続きを読む