デアゴスティーニ・デロリアンの組み立てにはTAMIYAのドライバーが神だからみんな試してみてほしい

2017年05月28日

思いっきりT/Oですが。

デロリアンの組み立てに怪力が必要過ぎる

デアゴスティーニはパーツの造形が雑すぎますw
明らかに塗装を剝がないとハマらないパーツがあったり、穴の位置がズレていたり…。
※あまりにひどくて組み立て不能なパーツは交換してもらえました

幼少の頃から、ありとあらゆるDIYに挑戦してきましたが、ネジを入れるのにここまで力を必要とするキットは初めてです!!!

特に金属製のパーツ、シャーシに対しての力の要りようは相当なもので、同じくデロリアンを組み立てている知人もかなり苦戦しているようでした。

ネジ穴が舐めないように、まっすぐに、しかし力をいれて…とやっているとバランスが悪く、ケガをしそうになることもしばしば・

ドライバーは消耗品として割り切るしかなさそう

バックトゥザフューチャーデロリアン 創刊号」に付属していたドライバーはあっという間に削れました。
どうにか改善しようと、手元にあった精密ドライバーも動員しながら組み立てていました。

ドリルで穴を広げても良いのですが、失敗した場合に代替パーツも手軽には手に入りませんし、ドレメルで穴を空けるには繊細すぎる造りなので…。

そこでタミヤのドライバー

このプラスドライバー、めちゃめちゃいいですよ!!


タミヤ クラフトツールシリーズ No.121 ミニ四駆プラスドライバーPRO 74121 (Amazon)


タミヤ クラフトツール No.121 ミニ四駆プラスドライバーPRO【74121】(楽天)

ダメ元でも、しっかり入りきらなくて諦めてしまっているネジに試してみてください!
私のキットで試したら、今までの苦労は一体というレベルでネジがスルスル入りました。

先述の知人にも勧めたところ、「諦めていたネジが入るようになった」と言っていましたので、気のせいではないと思います。

何が良いのか正直よくわからないのですが、他のドライバーよりも明らかに軽い力でネジが入っていきます。
先端は磁力でちゃんとネジが吸い付くようになっていますし、使いやすいです。
誰か理由を知っている方がいらっしゃいましたら、教えてください。笑
不思議でしょうがないです。

根本的に穴がズレているパーツは無理だと思いますが、どうせドライバーは消耗品ですし、まだまだ完成までの道のりは遠いです。
組み立てにお困りの方は、ぜひぜひ一度試してみてください!
皆さんのデロリアンが無事に完成しますように。

筆者は今後、工具を買う時はまずタミヤを選択肢に入れることにしました。
さすがタミヤ!!

2017年6月2日追記:

ロットにもよるでしょうが、週刊 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン 16号17号 に付属している「AP」ネジは、ネジの頭の溝が狭すぎて、付属のドライバーでも絶対に回せません。
以前の号についてきた「AP」ネジは、きちんと回せる溝になっていますので、そちらの予備を使うことをお勧めします。


ストックがあって良かったね、きっと私。

2017年6月12日追記:


上記のネジの頭の溝が狭すぎるAPネジも「タミヤ クラフトツールシリーズ No.125 精密プラスドライバー PRO 74125」で回せました。
もうタミヤ信者になりそうです。