流せるトイレブラシの収納にぴったりのクッキー缶を発見

流せるトイレブラシの収納にぴったりのクッキー缶を発見

2017年06月10日

スクラビングバブル流せるトイレブラシの付替用ブラシ12個がちょうど入るクッキー缶を発見しました。

流せるトイレブラシには、収納ケースが必要

スクラビングバブルの流せるトイレブラシは便利ですが、収納に困ります。
付替用ブラシは12個1セット。
袋を開封してしまうと、かなり強い洗剤の香りが漂いますし、きっちり封をしておかないと湿気てしまいそうです。

この付替用ブラシの収納ケースを探していましたが、アクリルやプラスチックだとブラシの粉が目立ちそうだし(紙製のブラシなので、ちぎると紙の繊維粉が出ます)、ボール紙だと衛生を保ちにくい感じもしますし、なかなかぴったりのものが見つかりませんでした。

そんな中、Amazonで見かけたクッキー缶が収納にちょうどよかったので、ご紹介します。

コペンハーゲンのクッキー缶


コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー 250g

クッキーの空き缶はきれいに洗って乾かせば、もちろん様々な用途に再利用できます。

スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ 付替用24個セットの半量、ちょうど12個収納できる大きさです。
(付替用は1袋12個×2セットの状態で入っています)
シャット流せるトイレブラシを10個きっちり敷き詰めて、上に2個重ねて載せればぴったり12個を収納できますし、きっちり詰めずに適当に放り込んだ場合でも10個ぐらいは入ります。

クッキー缶なだけあって、フタもきちんと密閉できます。
このおかげでシャットトイレブラシの強い芳香もあまり漏れてきません。

トイレットペーパーと並べても、この通り。
缶の丸いフォルムもあってか、違和感がありません。

ちなみに、流せるトイレブラシの本体は、フックをかけたトイレの配管にそのままかけています。


NITEIZE(ナイトアイズ) ギアータイ
という、ラバーでコーティングされたワイヤーをS字に変形させたフックなので、配管に吊るしても滑りません。