インプラス(内窓)のその後

2017年01月27日

インプラスを導入してから、一年弱が経ちました。すっかり家の一部のようになっていますが、改めて気づいた点などをレビューします。

雨音が気にならない

やはり、外の音に対する防音性が高くなったのを感じます。
雨音や、近くの大通りを走る車の音が気にならなくなりました。
インプラスを入れていない隣の部屋に移動すると、その差がハッキリ分かります。
ベランダに出て確認しましたが、部屋の内側から外側への音も、漏れにくくなったと思います。
もし持ち家だったら、全部屋の窓にインプラスを入れても良いと思ったほど満足しています。
賃貸なのでさすがにそこまでするつもりはないですが…。

冬でも結露なし

元々は防音効果を期待してインプラスを入れたので、断熱効果はオマケ程度に考えていましたが、冬を迎えてからは二重窓の威力を感じる事になりました。

冬はエアコンで暖房を入れ、同時に加湿空気清浄機もつけます。
例年は当然のように窓が結露していたのですが、今年はまだ一度も結露していません。

窓際でも冷えない

部屋の間取りの関係で、窓際で一日中、仕事をしています。
去年は窓際1メートルの範囲に近づくだけで冷気を感じましたが、今年は相当窓に近づかないと冷気を感じません。
さすがに暖房は必要ですが、足元も冷えにくくなりました。

夏は涼しい

夏の冷房効率もアップしました。
元々、部屋では遮光カーテンを使用しているため、多少は光や熱が入り込みにくくなっているとは思います。
他の電化製品も動かしているので単純に比較できませんが、電気代の請求額が去年より少なくなりました。

耐久性も(今のところ)問題なし

テープで施工するということで、正直、時間が経ったら剥がれたり歪んだりするのではないかと心配していましたが、杞憂に終わりそうです。
二重窓にすると開け閉めが面倒では?と思っていましたが、実際開け閉めするのは一日に一回、換気の時だけなので、特に面倒とは感じませんでした。
設置から一年弱が経過した今でも、スムーズに窓を開閉できています。

型ペアガラスで採光できる

筆者はインプラスに型ペアガラス(すりガラス風)を入れました。
窓の向かい側に、道路を挟んで他の家があるため、今まではカーテンを閉めっぱなしにしていました。
カーテンを開けた時に、お向かいさんがベランダで洗濯物を干していたり、目があったりすると気まずいので…。

今回、型ペアガラスを入れた事で、気兼ねなくカーテンを開けて採光できるようになりました。
また、以前は目隠し用のレースカーテンと、厚手の遮光カーテンを二枚かけていましたが、窓ガラスだけで目隠しできるようになったため、レースカーテンを捨てることができました。
アレルギー体質なので、ホコリが溜まりがちな布製品を減らすことができたのは嬉しかったです。

人によっては、窓の外の景色が見えない事で圧迫感や不安を感じるかもしれません。
また、ベランダに洗濯物を干す場合は、窓から天気の様子が見えなくなってしまいます。
筆者の場合はベランダには何も干さないので、特に困ることはありませんでした。

もし常にカーテンを閉めっぱなしにしている部屋であれば、すりガラスにした方がかえってのびのびできると思います。

国内縫製のおすすめ遮光カーテン


2級遮光カーテン 小枝柄 ストライプ 【キリエ Kirie / AH-547】

2級遮光ではありますが、日常生活する上では充分です。ベースカラーが白ですから、遮光性能が落ちるのも仕方ないと思います。
布地の質感もしっかりしていて、ウォッシャブルなので清潔に保つことができます。
気休めかもしれませんが、洗濯の際はファーファのUVカット洗剤を使用して、より紫外線をカットさせるようにしています。