パリパリキューブライトで、生ゴミ減量&快適な夏を迎えるプロジェクト

パリパリキューブライトで、生ゴミ減量&快適な夏を迎えるプロジェクト

2017年06月09日

家庭用生ごみ減量乾燥機島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】の購入レビューです。
豊島区の助成金も受けることができました。

生ゴミをそのまま捨てたくない

筆者が住む地域では、燃えるゴミの回収は週2回。
冬場は特に困りませんが、夏場はやはりゴミ箱を開けた時の臭いが気になることもありました。

天馬 イーラボ スマートペール 防臭フタ(ロック&パッキン付き)」と「天馬 イーラボホーム スマートペール 45L 本体 ベージュ 83562」との組み合わせはとても優秀で、フタを閉めてしまえば全く臭わないのですが、やはり開けた時の臭いはどうにもなりません。

これまでは、
* 調理中に出たゴミは、ビニール袋に入れて、縛って捨てる
* 食べ終わった洗い物の後、排水溝のネットを回収し、ビニール袋に入れて縛って捨てる

という形で処理していました。

地域から見ても、よくないよね

生ゴミをそのまま袋に入れて捨てると、カラスなどに荒らされる機会が増えて、不衛生です。

生ゴミの8割が水分と言われていますが、その水分を、袋に入れてゴミ捨て場に運ぶ労力も、回収して処理場まで運んでもらう労力も、とても無駄だと思いました。

生ごみ処理機が、10%普及するとお住まいの自治体のごみ処理量が2%削減します。とのことです。

助成金が出る場合も

上記の「ゴミ削減」に関連して、居住地域によっては、生ゴミ処理機の購入に助成金が出る場合もあります。

家庭用電気生ごみ処理機から、全国の家庭用電気生ごみ処理機に関する助成の実施状況を調べられます。

豊島区の場合

筆者が住む豊島区の場合、購入費の2分の1(上限2万円)まで助成を受けることができました。

参考:生ごみ処理機購入費助成の申し込みを受け付けています(豊島区)

指定の申請書を記入して郵送すると、一週間ほどで「交付決定通知書」が届きました。
この通知書と、領収書や振り込み先などの必要書類を返送すると、後日、助成金が銀行口座に振り込まれる形です。
申請の様式や条件は自治体ごとに異なるようですので、購入前によく調べておいた方が良いでしょう。

パリパリキューブライトを選んだ理由

家庭用の生ゴミ処理機には、生ゴミを温風で乾かす「乾燥式」、生ゴミを微生物に分解させる「バイオ式」、そしてその2つを組み合わせた「ハイブリッド式」があります。

筆者の場合はガーデニングをしないので、生ゴミ処理機の処理物を肥料として有効活用できません。
このため、特に処理物の品質にはこだわりがありませんので、価格も安い「乾燥式」を購入することにしました。

島産業のパリパリキューブライトは、1〜3人用の生ゴミ処理機で、コンパクトです。
1日1回、2人分の生ゴミの処理であれば、この機種で充分だと判断しました。
筆者は原則として一日一食で生活していますが、日中に飲んだお茶の葉っぱや、絞ったレモンなどの生ゴミは出てしまいます。それを入れても充分間に合うぐらいの容量はあります。

Amazonでは初めて聞くようなメーカーの安い生ゴミ処理機もいくつかありましたが、製造している島産業のインタビューを読んで、きちんとした会社だという印象を受けたことも購入の動機につながりました。

カメラのキタムラの動画が面白かった

カメラのキタムラの「パリパリキューブライト」紹介動画がかなり個性的で面白かったので、できればここで買おうと思いました。

ネットからの在庫確認時には「取り寄せ」表記でしたが、運良く在庫があったのか、すぐに発送してもらえました。

助成金の申請日に応じて、請求書類の送付にも締め切りが設定されていました。
一ヶ月以上の猶予はあったものの、もしあまりにも取り寄せに時間がかかってしまうと、書類の送付が期日までに間に合わない可能性もありましたので、早めに発送してもらえて良かったです。

実際に使ってみた

コンセントの配置や利便性を考えて、ウォーターサーバーの裏の目立たない場所に設置しました。
なぜマウスパッドのような「専用マット」が付属しているのか不思議だったのですが、作動させてみて理解しました。
一つはファンの振動対策、もう一つは熱から床を保護するためだと思います。
熱風で生ゴミを乾かす機構のため、処理中はかなり本体の下部が熱くなります。

事前に「パリパリキューブライト」のレビューを読んで、特に気になっていたのは「音」「におい」についてです。
かなり上位に出てくるサイトで、音もうるさく、ニオイも強いからおすすめしないという紹介がされていました。

確かに電源をつけると、サーバー(PC)のような持続的なファン音がします。
十数分経つと音が少し小さくなるような気もしますが、同じ部屋にいれば気になると思います。

ただ。ドアを閉めて違う部屋に移動してしまえば、全く気になりません。
さらに冷蔵庫やウォーターサーバーといった、もともと作動音がするものの近くに置いたため、新しく「パリパリキューブライト」を設置したことを忘れてしまうくらいです。

処理中のニオイ

メーカーのページには「イカ・エビ・カニなど魚介類」「腐った生ごみ」を処理すると臭いが出る場合があると明記されています。

腐った生ゴミは論外だと思いますが…。
我が家の場合は、主に野菜と果物の切り屑を処理しているためか、いままで使用してきて、ほとんどニオイは感じていません。
寝ている間に処理をして起きてきた時も、嫌なニオイはしませんでした。
意識すれば「そういえばニオイするかも」と思いますが、換気してしまえば分からなくなると思います。
ラム肉を焼いたり魚を焼いたりする方が、よっぽど強いニオイが翌朝まで残ります…。

ただ、音の場合と同様に、同じ部屋にいればニオイや湿気(ごみが乾く分、当然湿気が空気に排出されますよね)を感じるかもしれませんので、ワンルーム住まいの方には向いていないかもしれません。
キッチンを隔てる扉がある1Kならなんとか…?

乾燥タイプの場合はどうしても乾燥物のニオイが出やすいと思います。
大家族で切り屑や食べ残しがたくさん発生する場合や、頻繁に魚をさばくような場合は、バイオ式の方が向いていると思います。

処理後のニオイ

特に嗅がなければ強いニオイは感じませんが、説明書に従って処理物を紙に包んでバリバリと砕くと、葉のニオイを感じました。
不要な新聞紙があればそれが一番ですが、処理物を包むために購入する場合は、紙ではなくてビニール袋のほうが良いですね。

ビニール袋は、驚異の防臭袋 BOS (ボス) 生ゴミが臭わない袋がおすすめです。
同じ会社からペットの汚物処理用の袋も発売されているのですが、もともとそちらを猫用として愛用していました。
かなり防臭効果に優れていると思います。
パリパリキューブとあわせれば完璧です。


驚異の防臭袋 BOS (ボス) 生ゴミが臭わない袋 Mサイズ 90枚入 生ゴミ処理袋【袋カラー:白】

使い方

バスケットにネットをかけて三角コーナーがわりにしています。
もともと、この位置には広げたビニール袋を置いて調理していましたので、それと比べるとずいぶん楽になりました。
ネットをかけずに使用することも可能とのことですが、ネットをかけないと底の穴が大きすぎて細かいゴミが下に落ちてしまうと思います。

夜食を食べ終わって洗い物を終えたあと、ついでに排水溝ネットを取り出して軽く絞り、中身をこのパリパリキューブ用のバスケットのなかに入れてしまいます。
キッチンの排水口ネットも毎日交換していますし、そのたびに軽くブラシで擦っているので、いつもピカピカです。
毎日それなりにきれいにしているので、そこまで汚いと思いません。
つい数十分〜数時間前までは「食材」だったものが入っているだけなので、あまり抵抗はありません。
ゴミ箱のなかで腐ってしまうから、抵抗があるのです…。

後は、寝る前にバスケットをパリパリキューブ本体に入れてスイッチを押すだけです。

朝起きたら、バスケットからネットを回収し、ゴミ袋にいれてバリバリ潰してから捨てます。
ゴミを取り出した後のバスケットはだいたいはキレイなままですが、汚れている場合はブラシでこすったり、アルコールティッシュで拭いたりして清掃します。
そして、そのバスケットを乾かして、乾いたらネットをかけ、パリパリキューブの中にしまいます。
もちろん、すぐに三角コーナーとして使う場合はそのまま出しっ放しの時もあります。

消耗品はネットとフィルター

バスケットにかけるネットは、購入時に付属しているネット(横28cm×縦25cm、ポリエチレン素材)と同様の網状ネットが推奨されています。
あまり細かすぎる網や不織布のネットの場合は、空気の通りが悪くなって乾きづらくなるようです。

ネットはボックスティッシュのように交互に重ねて畳み、(微妙に大きさが合いませんが)クロネコヤマトのウォークスルーお菓子BOXの空き箱に収納しています。
一枚ずつ取り出せるので便利です。

筆者はアスクルで似たような商品ストリックスデザイン 水切りネット 三角コーナー用 1パック(50枚入)を購入しましたが、身近に似たようなネットを売っている店があるなら、適当なもので良いと思います。

パリパリキューブライトには炭の脱臭フィルターが同梱されていますが、交換用脱臭フィルターは専用の島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機用脱臭フィルター 「PCL-31対応」 2個入り PCL-31-AC33を別途、購入する必要があります。

とはいえ、半年ぐらいはもつようです。

普通にイイ

現時点では、まだ本格的な夏を迎えていないのでなんとも言えませんが、いまのところはゴミ箱のフタを開けても、生ゴミのニオイは全く感じません。
また、水分を飛ばすことによるゴミの減量効果は確かなものだと思いますし、ゴミ袋も軽くなりました。
毎日、気分が良いです。

2017/09/03追記

夏を越しましたが、明らかに去年までとは違い、ほとんど臭いませんでした。とても満足です。
一度、つい面倒で生ごみを乾燥させずにそのまま捨ててしまった時はしっかり臭いが出てしまいましたので、やはり乾燥による消臭効果は絶大だと思います!

夜だけ自炊の大人二人暮らしであれば、乾燥できる量も充分で、日によってはかなり余裕があります。
3人家族以上の場合は、もう少し大きな機種の方が良いかもしれません…もちろん、野菜等を無駄なく使い切って調理する方であれば出るゴミも少ないので、この機種でもいけるかとは思います。

購入から3ヶ月経ちましたが、購入時に付属していた消臭フィルターの効き目もまだあります。