Oculus Questを購入して2ヶ月弱の間に購入したゲームのレビュー

Oculus Questを購入して2ヶ月弱。ちまたではOculus Quest2の話題で盛り上がっています。
画質が向上したとのことでお金の都合さえつけば買いかえたいですね。予約はせず、様子見で…とか言ってると、きっと売り切れで何ヶ月か買えなくなるんだろうな…。

ここ2ヶ月弱の間に試したゲームの感想を残しておきます。こうして並べると結構試したなぁ。星は「気に入ってる度」です。

Questゲーム全般に言えると思うのですが、黒い床や暗めの部屋だとトラッキング性能が悪くなり、画面上でコントローラーがどこかに行ってしまったり、身長の設定がおかしくなってプレイしにくくなります。いつもプレイしている部屋は床が黒なのでちょっとQuest向きではなさそうです。床が白いキッチンでプレイしたら精度が上がりました。本気でやるなら明るい色のマットを敷いたりすると良いかもしれません。
あと、だいたい英語です。

番外:まずはここから「First Steps」

Questに最初からバンドルされている、操作のチュートリアルのためのミニゲームです。

…が、とってもよくできています。まずはこれをプレイするのがオススメです。初めてのVRは想像以上に感動しました。

VR瞑想の旅をする「TRIPP」

前回記事も書きました「TRIPP」、これは本当に毎日起動しています。静かに深呼吸しながらVR空間を楽しむゲーム。お気に入りです。詳しくは記事にて。

部屋がゲーセンになる音ゲー「Beat Saber」

Questと言えばコレ?迫りくる豆腐を、音楽に合わせてサーベルで切りまくる有名なゲームです。

ゲームとしての作り込みがよく、丁寧に作られているしグラフィックもキレイだなあとは思ったのですが、とりあえずデモをやってみた時に、あんまりしっくりこなかったんですね。デモの曲調があんまり合わなかったのかもしれない。あと、リアル世界でモノにぶつからずにプレイするには方向にけっこうなスペース(3mぐらい?)が必要でした。

その後、Linkin Park Music Packが出たのをきっかけに購入しました。青春の甘酸っぱさがこみ上げてくる懐メロです。

他のゲームと比べてロードにかかる時間が短い(たぶん)のも、よくできてるなあと思います。

家にダンレボ(懐かしい…)が来たみたいな雰囲気で楽しいのですが、運動量としてはちょっと物足りないです。あと、プレイするにあたり難易度を選べるのですが、「ノーマル」の幅が広すぎます。簡単すぎて退屈な曲と、どえらく難しい曲が混在していて、ちょっとプレイしにくいと感じます。

ハードなボクササイズ+音ゲー「FitXR」

Questを購入して以後、プレイ時間が一番長いのは「FitXR(旧BoxVR)」です。
Beat Saberと似ており、正面から迫りくる光の玉を音楽に合わせてパンチしていくゲームです。

判定がかなりシビアで、ちゃんと勢いよく、正しい方向&正しいタイミングでパンチしないとExplosive Streakとしてカウントされず、スコアが伸びません。

Beat Saberでは全く汗をかきませんが、FitXRはスクワットもあり、10分で汗だくになります。夏というのを入れても、相当、身体が熱いです…。
そして、ほとんど立ちっぱなしorスクワットするぐらいなので、比較的狭い空間でプレイできるのもポイント高いです!

ゲームとしてはちょっと作りが甘いのではと思う面もありつつ、室内運動にはぴったりなので気に入っています。ただ、画面の中で手がどこかに行ってしまったり、コントローラーをゴーグルに近づけすぎると磁石のように変な動きになるのは結構ストレスたまります。

そして、曲がね…前身のBoxVRでは自分の好きな曲を取り込んでプレイできたらしいのですが、FitXRではその機能がなくなってしまいました。自分の好きな曲でプレイできたら絶対楽しいと思うのですが。SlipknotとかMarilyn Mansonとか。

選曲も、曲単位ではなくて、あらかじめ用意されたプレイリスト単位になる上に、選曲の際に特にプレビュー(?)がなく、どんな音楽かはRockなどのざっくりとしたジャンル分けから想像するしかないのが残念です。サクッとプレイできないんですよね。
環境も1種類なので、もっと自分好みの背景を選べたらいいなと思います。

Questには足にセンサーがないから無理ですが、キック系も検出できるようになったらもっとフィットネスとしてはハードになるだろうなと思います。

ストリートビューで旅する「Wander」

GoogleストリートビューをVRゴーグルで探索できます。

日本語対応していないので、日本国内は探検しにくいかも?ローマ字で入力すれば問題ないですが。世界の観光地があらかじめ登録されていたり、知らない場所にランダムに飛ぶ機能があります。
観るコンテンツはストリートビューそのものなので、2D画像をぐるっと見渡せる感じになります。
スペックが厳しいのだとは思いますが、3Dで空間をみられるGoogle EarthゲームがQuestストアにラインナップされることを願っています…!

幻想&リアル空間の動物をいつくしむ「Nature Treks VR」

動物が棲む森や、魚が泳ぐ海の中でたたずむゲームです。

Nature Treks VRのプレイ動画

ゲームと言っても「クリア」と言う概念もなく、ただそこでのんびりするだけですね。コントローラを使って空間に雨を降らせたり、木をはやしたりもできます。音楽が流れていますが、設定でオフにできます。

コンセプトは良いのですが、中途半端にリアル&幻想が入り混じってるように感じてしまいます。具体的には、画面に出てくる動物の数が多すぎるし、動きが忙しないし、いろいろなものの距離感と縮尺がおかしいと思います。動物が岩にぶつからず、そのまま幽霊のようにすり抜けたりします。手は画面上に出てくるけど、何か掴んだりできるわけでもなく。
もっとリアルさを追求する方向に行ったら私好みですが、一般にはそれじゃ売れないんだろうなと思います…。
動物はチラっとでいい。何も起きなくていいのに。

かんたん3Dモデリング「Gravity Sketch」

筆で描くように、あるいは積み木をするように3Dモデルを作れます。作った物体を掴んでぐるっと回したり、VRゴーグルならではの楽しさがあります。

Gravity Sketchで猫っぽいなにかをモデリングしているところ

ただそのぶん正確にモデリングするのが難しいのと、数値が指定できず、例えば直径10cmの長方形を作る、直線を描く、と言ったことができません。VRなんだから目測しろと言うことか。
あとは彫刻みたいに「削る」のができたらなあとも思うのですが…もしかしたらソフトの使い方に習熟すれば緻密なモデルも作れるのかもしれません。日頃から3Dモデリングしているような方なら使いこなせるのかも。

VR空間でバーチャルコワーキング「Immersed」

VR空間でコワーキングできるソフト。

Macにコンパニオンアプリをインストールすれば、VR空間で自分のMacを使えます。仮想ディスプレイも複数設置できます。

ゴーグルをかけて現実世界のMacに繋いだ物理キーボードを使うため、ブラインドタッチが必須です。しかしながら、いかんせん、Questの画質が低すぎて、実務にはちょっとキツいですね…遅延も多少あります。

でも、「VRゴーグル仲間と一緒に仕事」とか「VRもくもく会」とかのチャンスがあれば試してみたいなあと思わされました。知らない誰かと同じ空間にいられるモードもあり、マイクで会話もできるので、英会話したい人にいいかも??

私としては、誰かの存在は認識できるけれど会話ができない「話しかけないでモード」が欲しい。もし今後、Questとキーボードを直接繋げられるようになれば、「旅先で自宅MacでVR仕事」なんかもできるようになるので夢が広がります。

これから登場?「Infinite Office」

Immersedの進化版?これからQuest 2ユーザ向けに提供予定の「Infinite Office」も気になります。Quest 2では画質が向上しているとのことで、VRオフィスが、より現実的に使えるようになるかもしれません。

指定されたポーズで壁穴をすり抜ける「OhShape」

音楽に合わせて、指定されたポーズをとって壁穴をすり抜けていくゲーム。動画を見た方が早いかも…。

このゲームは残念ながら、酔います。Beat SaberやFitXRは物体が「迫りくる」のですが、このゲームはどちらかと言うと自分がアイテムに向かって動く歩道のように進んでいくように感じます。Beat Saber同様に、横に広めのスペースが必要です。Small Roomモードもあるので横2mぐらいあればギリギリどうにか遊べなくもないかもしれません。あと、暗めの部屋だと身長設定がうまくいかず、ポーズの判定がきちんとされないかもしれません。

みんなでおしゃべり「VRChat」

VR空間でお友達とチャットできるゲーム。とりあえず試しては見たものの、私は特に知らない人との交流を求めていないので、一回立ち上げて終わりました。

https://www.oculus.com/experiences/quest/1856672347794301/

かわいい創作3D空間を楽しむ「Quill Theater」

クリエイターが作った3D空間を眺めるアプリです。映像作品もありますが、私は酔いました…。

VR映像コンテンツを観る「Within」

あんまり再生できていないのですが、ドキュメンタリー?っぽいリアル映像やホラー映像などをVRで楽しめます。

硬派にVRボクシング「The Thrill of the Fight」

バーチャルジムで硬派にボクシングをするゲームで、最低2m四方の空間が必要です。

990円と、お値段も安いので少しプレイしてみました。ただねえ…リアルなのは良いのだけれど、そのぶんちょっと物足りないと言うか違和感があります。サンドバッグをパンチしてるのに、実際は空間をパンチしているので、反動もないし(一応コントローラーは振動します)

そして、スパーをするにあたり、ゲームとしてどうしたらいいのかよくわからず、今はプレイしていません(笑)うまく言えないのですが、肉弾戦になると距離感が測れないと感じたり、どれぐらい当たっているかもわからないので、違和感が強すぎます。

めざせボクサー「クリード: 栄光への道」

ストーリー仕立てのVRボクシングゲームです。
移動で超酔うし、ゴーグル内で立ち止まった時にリアルで転ぶ(笑)でも、おかげで酔わないためのコツがちょっとつかめたかもしれません。標的以外を全無視して、一点集中で前だけ見たら酔いにくそう??VR酔い克服トレーニングになりそうです。

まだ短時間しかプレイできていませんが、コントローラの使い方にバリエーションがあり、チュートリアルも丁寧で、「The Thrill of the Fight」よりもゲーム性が高いです。イントロでロッキーのテーマが流れて気分上がるし(笑っちゃう)、トレーニングをできるだけ早く終わらせるコーナーは、まるで映像表現のモンタージュのようで面白かったです。

どちらというと、映画のロッキーとクリードを先に観てみたくなりました。というか、観よう。

とにかく酔う「エピック ローラーコースター」

ローラーコースターに乗りながらターゲットを撃ち落としていくゲーム…なのですが、とにかく酔います。ほんの数秒でギブアップしました。無料なので、VR酔いって何?と言うのを知りたかったらこのゲームを試してみると良いです。このゲームで酔わなければ、たぶんどんなVRゲームでも酔わないんじゃないでしょうか。

番外:日本ではプレイできない、自然空間で切りまくる「Super Natural」

自然空間で迫りくる玉を切りまくる、Beat Saberっぽいゲームです。何よりも音楽がゲームオリジナルではなくて有名アーティストなのが魅力的!


ただ、権利の都合上か、日本では配信していませんorz
やっぱり音楽は大事なので、日本で配信されたら、ぜひプレイしたいです。
ゴニョゴニョして体験版をインストールしてみましたが、大自然は爽快感がありました(アメリカかカリフォルニアのクレカがないと本登録には進めませんでした)

番外: Oculus Venues

VR空間で、平面 or 3D映像をネット上の誰かと一緒に観られるアプリです。あたかも劇場で近くの席に座っているかのような気持ちになれます。

マイク機能もあるので、知らない誰かたちとお話ができます。だいたいみんな英語圏の人なので、英会話したいならオススメかも?自分一人で観るだけのモードもあります。音楽ライブや、コメディ系と相性がいいかも。

コンサート映像を観ていたのですが、「どうして立ち上がって観ないの?楽しみなよ!」的な同調圧力を感じてちょっと疲れました。私はVRにコミュニケーションを求めていないのかも…。
そしてコンテンツは少なく、しかもアメリカ向けなので、メニューには登場するけど日本では再生できない番組がいくつかあります。
ローカライズされたコンテンツを選べるようになったりしたら、盛り上がりそう。

番外: Youtubeとか

YoutubeやAmazonプライムビデオやNetflixなど、ビデオ見るアプリは一通り揃ってます。しかしながら画質がよくないのでQuestでわざわざ観ようと思わないです。

唯一活用しているのは、フィットネスのストリーミング動画ですね。Questでブラウザを開き、PCやタブレットで観るのと同様にログインして、動画を視聴しながら運動します。

マット運動系など、あまり位置が動かないなら危なくもないはず。
ディスプレイがない場所でもQuestを着ければビデオに合わせて運動できるし、観やすい好きな場所に画面を配置できるので、まずまず運動しやすいです。
自分のフォームチェックはしにくくなるのが難点といえば難点だけど自分の体、別にみたくはないしな…。

今後遊びたいゲームリスト

Cubism

パーツを立方体の中にうまくおさまるように詰めていくゲームです。昔、なんかこういうおもちゃがリアルで流行りましたよね。

National Geographic Explore VR

「National Geographic のスタッフとなって、世界で最も有名なスポット 2 か所を探索しましょう!」とのこと。気になるけどちょっと酔いそうな気がして。もう少し財布と時間に余裕が出たら遊びたい…。

テトリス エフェクト

誰もが知るテトリス。子供の頃、PCでよくプレイしていました。もう少し財布と時間に余裕が出たr(ry

Eleven Table Tennis

卓球ゲーム。評価が高そうなので。今のフィットネス系ゲームに飽きたらやってみようかな。

Let’s Create! Pottery VR

VRで陶芸をするゲーム。座って楽しくできそう。

Adam Savage’s Tested VR

あの「怪しい伝説」のAdamのゲーム、と言うより観るだけのビデオなのかな?無料だし、時間できたr(ry

The Climb

VRクライミング!酔いそうな気がする、と保留。試したいなあ…。