さくらのVPSにWebDAVを入れてみた

2017年04月03日

DEVONthinkのデータベース同期用に、さくらのVPSにWebDAV入れてみたら5分でおわった。

事前に常時SSL化を終えていたので、

vhost.confにほんの数行足して、
[bash title="/etc/httpd/conf.d/vhost.conf" highlight="13-22"]
# 省略
<VirtualHost *:443>
DocumentRoot /var/www/hoge
SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/hoge/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/hoge/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/hoge/chain.pem
ErrorLog logs/hoge-error_log
CustomLog logs/hoge-access_log common
<Directory "/var/www/hoge">
AllowOverride All
</Directory>
Alias /oredav "/var/www/webdav"
<Location /webdav>
DAV On
SSLRequireSSL
Options Indexes
AuthType Basic
AuthName "Authorization Required"
AuthUserFile /var/www/webdav/.htpasswd
Require valid-user
</Location>
</VirtualHost>
# 省略
[/bash]

ディレクトリにapacheの権限をあげて、
(もちろん中にBasic認証用の.htpasswdを入れて)
[bash]
$ chown -R apache:apache /var/www/webdav/
[/bash]

Apacheを再起動するだけだった。

Finderからのサーバ接続でDropbox的に利用するには遅すぎるけど、DEVONthinkのデータベース(インデックスファイル)を置く程度なら十分。
こういう使い方をするなら、SSDじゃなくてHDDのプランを契約しておいた方がよかったかな。
そっちの方が同じ値段でより容量が多いので。