心の中の羅針盤

私が聴衆に向かって 1 ~ 2 時間の講演をする時には、この話は最後まで取っておきます。なぜなら、このことが私が学んだ 1 番重要な教訓だと思っているからです。

私は何年間も、賢い人たちに説得され、自分に合っていないことをしてきました。断言しますが、あなたにも経験があるはずです。 誰かまたは何かによって、それが私の 「すべき 」 ことだと納得させられ、自分がわくわくしないことを行い、間違った道に入り込みました。

そして、最終的にはすべてを変えたある事実を見出しました。それ以来、私はさらなる幸せとさらなる成功を手に入れました。

あなたの気持ちには 2 つの方向を指し示す羅針盤があります : わくわくとぐったりです。

誰がどんなアドバイスをくれようとも - その人物がどんなに賢くても - この羅針盤を優先して最終的な決断をする必要があります。

あなたをわくわくさせることなら、ぜひやりましょう。

あなたをぐったりさせることなら、止めましょう。

私はいままでに、例えばドラムを演奏するのが大好きだから、という理由で音楽に係わってきたミュージシャンをたくさん見てきました。 本当に大好きなことなので、それで生活したい、と思うのです。 しかし世間は言います。「もし音楽業界でやって行きたいのなら、交錯担保を理解する必要がある! この音楽ビジネスに関する法律の本を読む必要がある。 それから素晴らしい Web サイトが必要だ。 そのためには HTML を学ぶ必要がある。 そしてフラッシュもだ。 それから Web でオーディオ ファイルをストリーミングする方法も。 マーケティングも理解する必要がある。経理もだ。その他いろいろ...。」

すぐにこのドラマーは、ドラムも演奏しないで、これらすべての勉強にすべての時間をに費やすようになり、ついにこのような勉強はやる価値 がないと決断を下します。 彼は銀行で職を得て、ドラムへの興味を失います。なぜなら音楽でキャリアを築くということが、もっともいやなことに思えるからです。

確かに、これらすべてを勧めた人たちはすべて善意からしているのです。しかし、熱意がないのではミもフタもありません。 どんなことであってもです。

この羅針盤に慎重に注意を向ける必要があります。日々の小さな決定についてもです。 電話でギグのオファーを受け、相手は返事を待っています。わくわく感じるでしょうか。それともぐったり感じるでしょうか。 新しい Web サイトを作るには、週に 10 時間かかります。 わくわくするでしょうか、それともぐったりするでしょうか?

もしもわくわくしないのなら、するのは止めましょう。

絶対にしなくてはならないことなんて世の中にはほとんどありません。あなたがぐったり感じることにわくわくする人はどこかにいます。 彼らを見つけて、そのことを任せましょう。

この理想に向かって努力すると、すぐに、1 番わくわくさせることだけをして 1 日中過ごすようになります。 そうしたら、あなたに開かれているドアが自然と見つかるでしょう。機会は向こうからやってきます。人生がもっと楽になります。なぜなら、あなたは自分がな すべきことをしているからです。