デレク・シバースによる挨拶

これから書く内容は、ミュージシャン仲間へ贈る、自分の音楽をアピールする方法に関する私からの最良のアドバイスです。

最初に、私の簡単なバックグラウンドをご紹介します。

私は、1988 年にミュージシャンとして生計を立て始めました。私がバークリー音楽院に在籍していたときです。 私が初めて収入を得た仕事は、バーモント州の養豚展でのギター演奏でした。 サーカスに入って 10 年間働きました。 ニューヨーク市に移り、ワーナー ブラザーズ ミュージック (Warner Brothers Music) で働きました。 坂本龍一氏のためにギターを演奏していたこともあります (22 才で 10,000 席のホールが完売でした! イェイ!)。 1992 年を最後にサラリーを受け取る仕事を辞め、音楽作りで生計を立てることを誓いました。 他の人のレコードをプロデュースし、 他の人のレコードで演奏し、 レコーディング スタジオを運営し、 テレビ用の音楽を作曲し、 バンドを結成して、稼ぎのいい大学マーケットに参入し、 バンドのリーダーとして 1000 以上のショーで演奏してきました。 そして、これらの経験から、人々を楽しませる方法を学びました。 かなり喜んでもらえたと思います。 実際、音楽で得た金で家を買うことができました。

1997 年には、自分の CD を販売する Web サイトを立ち上げました。 クレジット カードのマーチャント アカウントを取得し、ショッピング カートを設置するにはかなりお金がかかりました。これらの設定を終えると、友人のミュージシャンから、彼らの CD も私の Web サイト上で販売できないか尋ねられました。 (作業はすべて完了していたので、) 好意で友人の CD の販売も始めました。しかし、このサイトのことは、口コミですぐに広がり大人気となりましたので、独自のドメイン名を付けました。これが cdbaby.com でした。

初めて親になったときのように、私の頭の中で何かが切り替わりました。すべてのエネルギーを自分にだけに注ぎ 込んで、それまでの人生を過ごしてきたことに気づいたのです。 自分の音楽。 自分、自分...自分ばかりでした。でも、これからは、CD Baby を利用して、学んできたことすべてを他のミュージシャンに伝えたいと思いました。 他のミュージシャンが 「日の目を見る」 手伝いがしたい、つまり他の人の音楽作りで生計を立てたいと思ったのです。 自分の音楽よりも他の人の音楽を大切にしました

それ以来、CD Baby だけに打ち込んできました。 たくさんの CD Baby のアーティストが、10 ~ 30 枚の CD の箱を送ってきていたところから、何百万枚も売り上げ、世界的に成功していくのを見届けるのは、素晴らしいものです。 そして、何千人ものミュージシャンが、大企業と契約して人生および著作権を売り渡す必要なく、自分の音楽を作ることでお金を稼ぎ、幸せになっていくところ を見届けるのは、さらに素晴らしいものです。

こういうわけで、ここでの私のアドバイスには、自分自身の経験に由来するものと、他の成功したミュージシャンたちを見届けてきた経験に由来するものが組み合わされています。

自分のアドバイスを売り込むつもりはありません。 ただ、多くのミュージシャンに成功してもらいたいだけです。 ですから、このアドバイスは、誰にでも自由に紹介してください。 友人にメールし、 自分のブログや掲示板にもどんどん貼り付けてください。

--
デレク・シバース (Derek Sivers)
CD Baby (cdbaby.com) : ミュージシャン向け販売および配信サイト
HostBaby (hostbaby.com) : ミュージシャン向け Web ホスティング