エネルギーの浪費はやめてください!

「どんなに恐ろしくても、やりましょう。」 <-- 私のお気に入りのスローガンの 1 つです

何かがあなたをわくわくさせるように怖がらせるなら (あなたにエネルギーを 「与える 」 何かなら)、それは良い徴候です。

しかし、もし何かがあなたに自分を惨めに感じさせ、エネルギーを浪費させているなら、どうかやめてください。

この道はあなたのための道ではない、ということなのです。

簡単な例 : 私の人生で最大の過ち :

私のバンドはうまく行っていました。 私が信頼していたお人好しの弁護士に、私はレコード レーベルを始めるべきだと言われました。 「あと 3 人アーティストを見つけて契約するんです。 自分のバンドのために行ったことを彼らにもするんです。 そしてレーベル全体を 100 万ドルで売りましょう。」

私は肩を落とし、惨めな気持ちで、「ああ、彼が正しいかもしれない...」とつぶやきながら彼のオフィスを後にしました。

家に帰り、浮かない顔でイスにどさっと座り込み、「ああ、本当にそうする必要があるだろうか?」と考えました。 しかし彼を信頼していたので、自分の人生の 2 年間を費やしてやってみたのです。

自分の中で自然に湧き上がってきたものではなかったので、もちろん失敗に終わりました。そして、そのことにたくさんの時間を費やしてしまったので、自分が得意なこと (音楽を作ること) は無視されていたのです。

自分の熱意のなさに注意を払って、自分がわくわくすることに夢中になっていれば良かったと思います。

どうか同じ間違いをおかさないで下さい。

私がここでお話したことで、あなたをわくさくさせるのではなく、うんざりさせることがあったら、とにかくそのことをしないようにしてください。 自分がわくわくすることから離れないでください。 それがあなたが自分の成功を見つける場所です。