個人的な友人になる

何千人という知り合いのうち何人かは、実際に定期的に連絡をくれます。 私は彼らを友人だと思っています。

でも、その中にも、几帳面なビジネスの 「台本 」 から離れようとしない人もいます。彼らからの電話はいつも、 「こんにちは。在庫を追加する必要があるかどうか、売り上げの様子を知るために電話したのですが、問題はありませんか?」のような内容です。

また、おしゃべりの才能に恵まれている人もいるらしく、 どうしてかわからないのですが、いつの間にか、私のガールフレンドの話や、相手の犬の話、ヨガ、高校、日本、今日仕事に来る途中に起こった出来事などを話していたりします。

さてここで - 相手のために自分が何かできる機会が訪れた場合 - (知り合いの映画/テレビ関係の人から電話があり、「スタンダード ロックのジャンルなら誰がお勧め?」と尋ねられたとしましょう) - 誰が最初に思い浮かびますか?

標準的なビジネス上の電話を交わす程度に留まっている友人でしょうか、それとも、ビジネス上の電話の域を超えておしゃべりする友人でしょうか?

ありのままの自分で、友達になることが大切です。

常に自分を売り込むことはやめてください。親族の集まりに現れては、みんなに生命保険を買わせようとする迷惑なおじさんのようになってしまいます。

いい奴であること、そして友達であることは、あつかましい販売員であるよりも売り上げを伸ばすのに効果的である、と自信を持ってください。

人は、可能ならいつでも、自分の気に入っている相手 (友人) と仕事をするものです。