人生とはハイ スクールのようなもの

先週、あるミュージシャンが次のような趣旨のメールを書いてきました。「僕は一生懸命やっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか?」

次の言葉を肝に銘じてください。 「人生とはハイ スクールのようなもの」

ハイ スクールの学生にとっては、人気、仲の良いグループ、かっこよさ、服装、参加するパーティなどがすべてです。

大学に通うようになると、学業での成績にフォーカスが移行します。

大学を卒業した人のほとんどは、世の中も同様に学力重視だと考えます。 「働けば働くほど報酬が得られるはずだ」と考えるのです。 でも、実際はそうではありません。

人生とはハイ スクールのようなもの。 誰の友人なのか、社交上の魅力、どんな場面に登場しているか、服装、参加するパーティ、華やかさ、かっこよさ、それがすべてなのです。

でも、自分に都合よく展開することもあります。

私のキャリアが何度か大きく飛躍したときのことを考えてみると、それらはいつも 「知り合い 」 のお陰でした。いつも、友達の友達のお陰だったのです。 私が連絡を絶やさず、親切に接してきた力のある立場の人が、お返しに私にも同じことをしてくれました。

毎週、自分のキャリアを助けてくれそうな人を 3 人見つけて会いましょう。 そして、良い友人関係を築きましょう。 お互いに有益な関係のことであって、ゴマすりのような関係ではありません。 はしご上で自分より 「上 」 にいる誰かの役に立つものが、自分が持っているリソースの中にいくつか必ずあるはずです。 新しい友達をパーティに招待したり、知り合いのパーティに顔を出してください。

私が、何年間も予約がぎっしりの状態で、大学マーケットをツアーして回り、たくさんのお金を稼ぐことができたのは、私が良かったからではなく、私たちが楽しめ、盛り上がるショーを作り上げたからです。 人気コンテストで勝ったのです。

音楽ビジネスに対して、ハイ スクールの新入生が、クラスで 1 番の人気者になろうとするのと同じようにアプローチすることは可能だと思います。 浅はかに聞こえますが、使える方法です。

アンディ・ウォーホルやマイル・デイビスのような人たちを考えてみてください - 彼らは素晴らしい音楽を作りましたが、自分たちのイメージを「かっこよく」演出する方法も良く心得ていました。