重要なスキルを知る

礼儀作法や運転の仕方などのように、ここではオンラインの世界で知っておいた方がよいスキルを紹介します。

1. 電子メール
- 充実した署名ファイルを用意します。送信者の身元、連絡方法、Web アドレスを明記し、クリックするだけでサイトに移動できるようにします。 いずれも 4 行以内にまとめます。
- わかりやすい件名の作成方法。 自分の送ったメールが、相手の受信箱の 500 通のうちの 1 つである場合を考えて、相手の視点に立ってわかりやすい件名を付け、件名を見ただけで内容がはっきりとわかるようにします。
- 返信メールに相手のメールのメッセージを引用する方法。 または、引用しない方法。
- メーリング リストに加入する方法、メーリング リストにメールを送信する方法、メーリング リストから加入を解除する方法。
- マナー、誤字脱字、句読点の確認。Caps Lock キーを解除する方法。25 個の感嘆符を連続して使用しないこと。
- タイプライター キーを通じてパーソナリティを伝える方法。
- 文章は段落に分けます。 コンピューター画面を読むことと本を読むことは違います。 紙が無駄になることはありません。スペースを多用して読みやすく工夫しましょう。

2. データベースのスキル
- 「アドレス ブック 」 プログラムの使用方法を理解します。 人の検索、並べ替え、印刷、追加、削除、変更、および広範囲の検索コマンド (市外局番が 818 のギタリストをすべて検索する方法など) の使用方法。
- 常に見やすく整理して更新します。 住所は、都市、都道府県、郵便番号、国などを分けて管理します。 この最初の段階で、いい加減にしないこと。
- これからさらに人気が出て、アドレス ブックで何千人もの人を並べ替える必要が出てくると想定します。
- 本当に面白そうだと思った場合は、誰かと連絡を取った記録 (電話、メール、訪問) をそれぞれ記録してみましょう。 1 年間会っていない人から電話がかかってきて、「ジョージだけど、覚えている?」と言われたときには、とても役に立ちます。

3 . Web スキル
- MP3 の作り方、および Web サイトへのアップロード方法を理解します。
- 後で見つけやすいように、ブックマーク/お気に入りをカテゴリー/フォルダに分類します。