1 番高いウォッカ

「販売されているウォッカの中で 1 番高いウォッカ」と称して宣伝しているウォッカ会社があります。

この会社はきっと大成功したに違いありません。 挑戦的ですらあります (それに、堂々と切り捨てています!)。

他の会社がこぞって 1 番安く売る方法を探しているところに、勇気を持って大勢とまったく正反対の行動を取る決断をしたのです。

ビルボード チャートを読み、現在のトレンドやスタイルをまねようとする人がいます。

このように人には、1 つの試みとして、自分はまったくトレンディではなく、他のみんなが求めているものや表現しようとしているものとは正反対だ、と強く宣言することをお勧めします。

つまりライブ ショーの宣伝には、「これまでに見た中で、最も退屈なコンサート!」と書き、

自分の音楽を「かつてないほど覚えにくく、思い出すのが困難で、最もダンスに向かない音楽」のように称し、

音楽業界には、「この音楽はまったくヒットする可能性がありません。」と伝えてみるわけです。

間違いなく相手の気を引くことができるでしょう。

これはもう挑戦です。