ミュージシャンではなく、一般人または詩人になったつもりで考える

音楽を説明する際は、ミュージシャンであることを忘れてください。

「素晴らしいハーモニーと複雑なアレンジメント。タイトなリズム セクションと内省的な歌詞!」などと書かないように。

普通の人は、意味さえ理解できません。 これらは、音楽オタクの言葉です。

普通のサラリーマンなら、どんな言葉を使って友人にあなたの音楽を説明するか、考えてみてください。 「これ、すごくキュートだよ! 出だしの 「hoop-hoop! 」 のところをあのベビー ボイスで歌っているんだ。 ある意味ファンキー! 彼の声は、まるで枕元でささやくようにセクシーなんだ。 ビデオもカッコいいし!」

商店街を歩いている 10 代の若者なら、どんな言葉を使って友人にあなたの音楽の好きなところを説明するか、考えてみてください。 「すげえよこれ。弱虫の部分をなくした Korn みたいな感じ。 メタルに走った Busta Rhymes という感じもするけど、彼ら、火星かどっかからやってきたみたいなんだ。 ダントツだね。 それから、カバーの内側の絵も必見!」

普通の人は、アーティストを別の有名なアーティストとよく比較するものです。 また、全体的な 「雰囲気 」 について話します。

普通の人は、「内省的な歌詞」や「素晴らしいハーモニー」や「タイトな演奏力」などについては話をしません。 これらは、音楽オタクの言葉なのです。

ミュージシャンではない人に音楽を聴かせて、彼らなら、どんな言葉を使って友人に説明するか、尋ねてみてください。

ミュージシャン用語の使用は避け、普通の人の感情および想像力に働きかけるような言葉で音楽を説明する方法を学びましょう。そうすれば、音楽自体も、相手の心に届き、相手の心をもっと動かしやすくなるでしょう。

音楽の説明もまた、音楽自体と同じくらいエキサイティング (または、感動的、悲しい、ショッキング) である必要があります。