これはただのテストです。何が起こるか様子を見てみよう。

1970 年代のアメリカでは、テレビやラジオが、「ビーーーーーッ」という警告音に変わることがよくありました。 そして最後にアナウンサーが、「これはただのテストです。」と言うのです。

仕事を進めていくときには、この言葉を思い出すと良いでしょう。

1 つでも間違えるとすべてがダメになってしまう...というように、何もかもがとても深刻に感じられることはよくあります。 でも、すべてはただのテスト。 「何が起こるか様子を見てみる」 ための実験なのです。

私の人生で愛すべき時期は、 「何が起こるか様子を見てみよう」 精神でよく始まりました。

ボーカルをギター ペダルを通してみたら、何が起こるか様子を見てみよう。

有名なプロデューサーをランチに招待したら、何が起こるか様子を見てみよう。

ラジオ局に電話してアドバイスをお願いしたら、何が起こるか様子を見てみよう。

失敗など存在しません。 「何が起こるか様子を見てみる」 ことが目的の場合には、失敗などありえないのです

これはただのテストです。 マイナス面などありません。 すべて試してみてください。