舞台上に 1000 人の俳優がいる演劇を想像してみる

あなたが演劇の観客の中にいるところを想像してみてください。 大きな劇場です。 オペラ ハウスかもしれません。

そして、舞台上には 1000 人の俳優がいるところを想像してみてください。

一体どの俳優が目に留まりますか? どの俳優があなたの記憶に残るでしょうか?

必ずしも、声が大きい俳優または動きが派手な俳優とは限りません。

真っ青なケープをまとい、舞台の片隅にひっそりとたたずむ、顔がよく見えない、長い黒髪の妖艶な女性に引き付けられるかもしれません。

あなたは今、ミュージシャンとして、まさにこの混みあった舞台上の俳優と同じ立場にあります。

人々はあなたに目を留めるでしょうか? 人々はあなたのことを覚えてくれるでしょうか? あなただけにしかない音楽を待ち望んでいる人々が、大勢の中からあなたを見つけられるように、自分らしさを強烈にアピールすることが大切です。

(P.S. たぶん、舞台上で 1 番印象に残る俳優は、舞台から降り、あなたの座席まで歩いてきてキスをする俳優でしょうね。)