できるだけ多くの感覚に触れる

相手の感覚にたくさん触れるほど、より強く相手の記憶に残ります。

1 番良い例 : 観客に汗をまき散らしながらのライブ ショー、おなかに響く PA システム、煙でくすんだクラブの匂い、ギラギラと輝くライト、生のパフォーマンス。

1 番悪い例 : メール、たった 1 ページの Web サイト、雑誌での写真のないレビュー。

(「感情」も感覚の 1 つとします。)

可能ならいつでも、できるだけ多くの感覚に訴えるようにしてください。 本人またはバンドのよく撮れている写真を持って、すべてのレビューアーを説得し、アルバムのレビューの横にその写真を載せるようにお願いしましょう。

プレスキットにはビデオも一緒に送り、 ライブ ショーを頻繁にやってください。 ラジオの力を理解し、自分に関する話だけではなく、音楽そのものを聞いてもらえるようにしましょう。

可能ならテレビ番組に出演し、 アルバムにはパチョリの香油で香りをつけましょう。 音楽および制作物を、単に受けがいいものではなく、真に感情に訴えるものにするのです。

(相手の感情に触れることは、相手の体に触れるようなものです。それができたら、相手はあなたのことを忘れません。)