昔は 10%、今は 90%

かつてミュージシャンは 10% しか自分のキャリアに責任を持っていませんでした。 自分でできることは 「発掘される」 ことだけでしたから。ほんの一握りの門番が、すべての出口を管理していて、 自分の音楽を世界に示す許可を得るには、彼らの 1 人を感心させるしかありませんでした (その場合でも、マネージャー、スタイリスト、プロデューサー、バンドなどが指定されました)。

ここ数年では、ミュージシャンは自分のキャリアに 90% の責任を持っています。 やりたいことを実現させるための道具は、すべて手元に揃っているのです。

レコード レーベルには、もはや何かを予想する力がありません。彼らは単に、自力で成功したアーティストと契約しているだけです。アラン・エリオット氏が、「レコー ド レーベルはかつて、1 本の木を見て、『素晴らしいテーブルができるだろう。』という話をしていた。今日彼らがやっていることは、仕上がったテーブルを受け取って、ウォルマート で販売しているだけだ。」と語っているとおりなのです。

自前で良いレコーディング、ショー、イメージを用意する必要がありますし、 計画を立て、実現させるマネージメント能力も必要です。 また、自分の音楽を何千人という人たちにお金を払って買いたいと思わせる工夫も必要になります。 これらすべて個人の裁量でやってみるしかないのです。 レコード レーベルが、商品を各店に配置してくれたとしても、店に買いに来てもらえるかどうかは各自の努力にかかっています。

素晴らしい成功に待ったをかけているのは、他の誰でもないあなた自身なのです。 恐ろしいと同時にエキサイティングでもあります。 ほとんど自分の力でコントロールできるのですから。